遺骨の奪還が完了

投稿者: | 2018年4月21日
この記事のURL:http://barbara.singspiel.jp/weblog/blog-entry-145.html

我が一家の絶対命題として進めてきた亡き尊父の遺骨の敵宗門からの奪還と一家の選定による再納骨が完了し、敵宗門との悪しきしがらみがここに潰えることとなった。

2015年1月の宗門からの脱退、翌年の事後処理においても尊父の遺骨が敵宗門の寺にあるという極めて不本意な事態が解消されず、しかも再三の好機にも敵一味による歪んだビジョンを見せられてのハタカセによって解決を妨げられてきたことは以前の当ブログの記事でも明らかにしているところである。

この事態に対して我が一家では一日も早くこの不本意な状態の解消を目指して新たな納骨先の選定と予算の確保に奔走してきたところであるが、このたびこれらに目途が付き改葬許可を取得、今回の慶事となったものである。
かくして遺骨の引き取りが4月9日に執行され、11日を以て新たに一家の選定した施設への再納骨まで滞りなく終了した次第である。
本来であれば永代供養まで一気呵成に漕ぎ着けるべきところであったのだが、敵宗門一味による邪悪なハタカセによってこれが妨害され仮の納骨でとどまっていることは以前に書いているとおりである。
つまり敵宗門によるハタカセがなければ永代供養までできていたことになり、この事実を誤魔化したり歪曲したりすることは出来ない。

これによって敵宗門・日蓮正宗との悪しきしがらみが全て崩壊し悪縁が切れることとなった。
また、これによって一家と敵宗門の間には「敵宗門=加害者、一家=被害者」以外の如何なる関係も残っていないのであるから如何なる引き戻し策動も意味を成さない旨警告しておく。

諦めの悪い敵宗門はこの期に及んでも我が一家の運営・生活を妨害し粘着を続けているが、これまでの妨害全てが悪質な懐柔策であったこと、敵宗門には信者を幸せにしようなどという考えが無いことがバレている以上いかなる懐柔策も無駄であり、引き戻されることは無いのである。
そもそも敵宗門を首魁とする宗創医連合こそがあらゆる不幸の根源だとわかっていて誰が戻るのか。
敵一味が「罰・罪障」などという存在しないものをネタにして裏でコトを惹き起こして騙そうとしてもそれが他ならぬ敵宗門一味の犯行であることがわかっていて戻る馬鹿はいない。

敵一味のやり口が荒っぽくなってきており、あらぬ勘違いを捩じ込もうとしたり力・暴力で引き戻そうと画策しているようであるが同じ不幸で終わるのであれば自らの矜持を死守するのが当然であるから、命の限り戦うまでである。

今後は一日も早い、一家の意思・一家の選択による敵宗門抜きでの永代供養の実現を目指して引き続き戦っていく所存である。

敵宗門・日蓮正宗は引き戻しを諦めて年貢を納めろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です