今後の予定

一家運営関連

全般

2023年度内までの失地回復及び移住達成に向けて基本計画、行動計画を策定
2021年々頭から取り組みと具体的なアクションを展開することとしている
現在はプロジェクト開始前の地ならし整備及び清算(新・三本柱の化城による戦災の戦後処理)を進めている段階
⇒戦後処理については2020年12月24日を以って全て終了、完結

失地回復プロジェクト関連

取得すべき資格について最終的な計画を詰めているところである
また、あらゆる資格の土台となる資格について取得に向けた取り組みを開始
移住先は中部以西で各地の具体的調査に着手(今後5年程度で移住を実現する計画)

交通整備

今後の実力蓄積の生活に備えて交通整備を予定、2020年第4期の実施を予定
⇒2020年12月4日に7年ぶりの自動二輪車を導入し運用開始

戦後処理関係

清算業務については100%終了(2020年12月24日を以って全て終了)
戦後処理において某趣味ごとが再び大きな問題となり、2020年11月24日付で限定認可を取り消し12月6日までに清算することを命じた
⇒2020年12月6日に予定通り清算を完了
その他、スピン策動やハタカセ策動、重石策動の産物と見做された事物の清算を実施
2020年12月24日を以って全ての清算業務が終了し、戦後処理が完結した

オーディオ関連

新ネットワークレシーバー 機種、時期未定
新ブルーレイプレイヤー 機種、時期未定
MDデッキ 計画中
いずれも失地回復事業を優先のため当分実施せず(移住達成後の着手)2022年度以降になる見込み
当面はPCオーディオで賄うことにしている(PCオーディオもハイレゾ対応しているため)

カメラ関連

一眼レフ系(作品用)

従前の計画を白紙に戻し当面実施せず、失地回復の実現に道筋がついた時点で改めて検討する
基本的にはキヤノンRFシステムを導入する構想である

APSミラーレス系

EOS Mの引退とフルサイズミラーレス導入の決定に伴い中古カメラの購入を決定、EOS M2を導入し20年7月24日より運用開始
このカメラは雑踏哨戒を主たる任務とするほか、EOS RPの導入までの繋ぎで作品用としても運用する予定
これによりEOS Mは7月23日限りで退役
当面は今回導入のEOS M2をこのジャンルでは運用していく予定

交換レンズ

これまでの計画を白紙に戻し、新望遠ズームを含め改めて計画を策定する
2021年上半期中には新たな望遠ズームレンズを導入することを計画している
特殊レンズ、望遠系レンズ(ズーム含む)についてはRFマウントとEF-Mマウントで共用するためEFマウントレンズで導入する方針
レンズの導入予定については現時点の計画であり、機材編成の都合により変更する場合がある

動画関連

ビデオカメラ(アクションカム等を想定)の導入を計画中
(導入に向けて調査中)

その他の家財

老朽家電(10年超経過)の代替をほぼ完了済み
現在、移住に向け基本計画策定中のため未定(当面なし)
移住時に必要な物を現地調達する見込み

おことわり

本ページに記載の情報につきましては、情勢の変化、および当家の都合などにより内容が変更となる場合があります。
また、当家は、諸般の事情や情勢の変化などにより、予告なく名称を変更し、組織を改編し、または本部所在地を変更することがあります。予めご了承ください。
このページの記載内容に関するお問い合わせは「シングスピールの砦お問い合わせフォーム」までお願いします。