退去記念 薄汚い辺境の地 写真特集

先の投稿でも明かしたように、19年近くに及んだ薄汚い辺境の地ショリデという監獄の日々は終わった、二度と戻ることはない
ここでは、日本有数の特級呪物地帯とも言えるショリデを写真とともに振り返る

日本有数の特級呪物地帯、ショリデに来させられたのは2005年のことだ
これには敵宗門一味の汚い操作でやらされていた、例の忌々しいにも程がある薄汚いヲタ趣味のせいだ
もしそれが無ければ決して候補になど上がろう筈がない、縁もゆかりも皆無な訳だからな
何故なら拙者は生粋の東京人でありそこに優に25年はいたのだからな
薄汚い辺境への誘導も、忌々しいにも程があるヲタ趣味の捩じ込みも吾輩を東京から追い落とす為の敵宗門一味の薄汚い謀略には過ぎない
奴等には相応の裁きを下さねばなるまい


ショリデの改札を出たところ
人影疎らで、これで東京から40キロ?と首を傾げるばかりだ
瀬谷市民「ショリデざまぁw」


これは西口の光景だ
やはり辺境の特級呪物振りが迸っている


西友の前から見上げるいつものアングル
但しエレベーターの新設で多少見てくれが変わる見通しだ


西口デッキからの眺め
右奥に何か作っているが、欺瞞には過ぎない


これは何か?駅ビルの中5階だ
空きテナントは実に7つを数える、しかもこのフロアだけでだ!衰退が著しい


これまたいつものアングル
ここを通ることもほぼ無くなる


移転直前、Phase3区域に雪が降った
名残り雪?んな訳あるかヴォケ

ここからは爾後に撮影した薄汚い辺境の地を御覧に入れる


いつも過ぎるアングルだが、誤魔化しの為にここに移すエレベーターの工事囲いが目立つ


相変わらず日本人の敵、パチ屋の広告がうぜえリボンビルの入り口


これも失政の象徴でしかない薄汚い地下道、これを盾にとって糞束は自由通路を拒否ったらしい


東口の松屋側
ここでは昨年末、恫喝まがいの事件が惹起
薄汚い辺境の血が日本でも最底辺であることを嫌でも思い知らされることとなった


東口、駅側
やはり衰退が著しく活気が感じられない


レベルの非常に低い、欺瞞に満ちた汚らしい絵と呼ぶのもおこがましい
これで着飾ったつもり?死ねよ


ここは脱出口の一つだが、もしかするとここではないところから脱出になるやもしれぬ


この地に越させられて以来、毎日のように見る羽目になった忌々しいグレーゾーン施設
しかし、終ぞここを使うようなことは無かった
サッサと潰れちまえよ


この階段は移転前、毎日のように通った
いつの日か脱出することを夢見ながら
しかし、もう通ることはあるまい


以前に紹介したが30年マンションが出来ない、最早放置された空き地だ


これもいつも過ぎるアングルだが
人影もまばらでこの地に縁などないことを嫌でも思い知らされる


こんな薄汚い歩道に何がポケットパークだ?
天童なこが助走付けてカポエラキックするレベルだ。〇ね!このツァーリボンバのバカチンが!!

ここで本邦初公開、忌々しいにも程がある流刑地の画像だ


先程の道から禁忌地帯に入る、写真の毎日新聞はこのビルを捨てて賃貸物件に移っている


全国のホリ帝ファンの皆様、ご刮目ください(笑)
これが忌々しいにも程がある、流刑地となったみすぼらしい建物だ
同じみすぼらしいのであれば杉並のボロアパートのほうが1000000000000兆億万倍マシだ!!!
こんなことであればもっと早く、少なくとも2017年には当初の予定通り取り壊しで退去にするべきだったのだ
恐らく最初その予定だったのだが、プチリニューアルしてプチ満足させることをバーターとして敵宗門一味がそれを阻んだのだ、恐らく奴等がカネも出したんだろう。
だから6年で取り壊せるわけだ。懐は痛まないからな。業者もろとも死ね!


問題の流刑地から反対方向を眺めるアングル
これもいつも過ぎる
しかし、最早見ることは二度となかろう


越させられたころから放置されていて凡そ20年ぶり?に手が入った空き地だが結局買い手はつかない模様
そりゃあ当たり前だ、1741市区町村の下から2番目として悪評高いのだからな
その中でも最も性悪なのがこの地の連中だ
世田谷から来て家買ったアフォも数年後には毎日涙と後悔に暮れること間違いなし!!


ショリデでも最悪級の性悪の巣窟、中央タウンに向かう道
何が銀杏坂だ!坂道き〇がいのツァーリボンバのバカチンが!!!!
銀杏坂46?ごめん吐いた(笑)
二原しゅん子「死ねい!カポエラキック!!」
RS2ホリ帝バルバラ「千手観音!!!」
RS2アリア「ストーンシャワー!!」


これが1741市区町村の下から2番目ショリデの中でもワーストの性悪の巣窟、中央タウンだ
もちろんここは今でも特別警戒区域、Phase3だ
ここを勧めてきたツァーリボンバ級のバカチンがいたが、買わなくて正解だw

以上が薄汚い辺境の地の最後の特集になる
先に書いたように2005年に越させられるその直前までこんな辺境など知る由もなかった
それが二転三転の末越させられていたというのが真相なのだが、敵宗門一味が最初からショリデに誘導して軟禁することにしていたのもまず間違いない
来させられてからの19年で人生をめちゃくちゃにされ、あらゆる希望を奪われ利権の具にされたのだ
特に2013年には人工透析なんぞという罠にまで貶められ、これであらゆる希望は潰え絶望的な予後にされたのだ
この罠の策略こそが、この薄汚い辺境の地に越させられたのが敵宗門一味の薄汚い誘導の所為であったことの証明だ、答え合わせはとっくに終わってんだよ
それから、もう10年が経過したのだがその間も敵宗門一味の差し金による煽りは止まらなかった、MGTOWという道を見つけるまでは
拙者がラディカルMGTOWとなって、まだ2年しか経っていない
その間の約8年、時間は十分にあった筈だが敵宗門の差し金による煽りとハタカセはあまりにも無慈悲過ぎる
それだけこの薄汚い辺境から逃させたくない理由があるんだろ
MGTOW宣言と、債務整理で煽りとハタカセは潰えたがそれまでがあまりに長過ぎる
既に完全な失地回復はほぼ絶望的となり、昨年から始まった最期の5ヵ年単一計画からもその絶望的となったものは除外せざるを得なかった
奴等はいまだ拙者を儚い夢でスピンしたがっているようだが、そうは問屋が卸すまい、奴等如きのような下等動物にこの気持ちはわかるまいよ

薄汚い辺境の地で忘れてはならないのは、忌々しい透析場にショリデ出身の輩(医療側)がおることだ
所謂行き遅れではないが、年増には違いがなく無慈悲に弾かねばなるまい
足下に転がる儚い夢に躓く事態だけは何としても避けねばならないのだ
また、男ほど相手には一切妥協してはならんのだ
偽騒動騒ぎで脱出が遅くなってしまったが、今後私有交通の確立を待って転院を図ることにはなろう
少し時間があるので、可能なら透析からの脱出をサポートしてくれる所が望ましい
クソバラキやその周辺にあるとは思えないが
暫定本部から時間がかかることそれ自体は構わないが、通院のための費用を最小限に抑えなければならんのだ、そことの兼ね合いだ

我々は、あくまで奴等が利権の側にのみ立つ輩の烏合の衆であることを忘れてはならなかったのだ、今も昔も
今後の(満足ではないにしろ)失地回復の達成のためには最早一つも間違うことは許されないのだ、従って今後は如何なる輩であろうと医療女は一律シャットアウトとする
まあ以前にしても相手をすることはならなかったのだが、特に今後においては何があろうと間違いも失敗も許されない、それが最期の失地回復プロジェクトであるからだ
男ほど相手に妥協などは絶対にならない、妥協したような女などは却っていない方がいいのだ、ツイフェミ根性銭ゲバプリンクズ女が日本女の9割である以上は

限られた条件下での暫定である以上100%などあり得ないのだが、この薄汚い辺境の地からの脱出をひとまず達成したことには一定の意義はある
必ずやこれからの実に短い時間で実りある豊かな余生を勝ち取る必要がある、これは我が一家の義務である

今炎の中果てしない戦いは始まる
そう一度目のサヨナラを無駄なものにしないため…!!

2 thoughts on “退去記念 薄汚い辺境の地 写真特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です