PCの更新に向けて

投稿者: | 2019年12月17日
この記事のURL:https://barbara.singspiel.jp/weblog/blog-entry-162.html

現在のPCを購入したのが4年前なのであるが、早くもWin7のサポート期限が迫っており、周辺機器の陳腐化も目立ってきているので対策をすることになった。

現代のPCモニターは大半が16:9であるのだが、現在のモニターは5年前に購入した4:3のビジネス向け?のものとなっており横幅も狭く一部ページが正しく表示されないor横スクロールを要する事態が起きていた。
近々予定しているPCの更新を前に先ずはモニターを更新する運びとなり、HDMI対応の新モニターに代替を行った。


新しいモニターはフルHD対応のASUS VP228HEであり、ゲームへの対応も謳っている応答速度1msのモデルである。
入力はHDMIとVGAを備えるほか、スピーカーを備えるが本会ではHi-Res対応のPCスピーカーを使用しているためスピーカーは使用してない。
フルHD対応の上PCにもBDドライブが備わっているのでBDやDVDの鑑賞もPCで行えるようになった。

Hi-Res対応PCスピーカーの記事はこちら
https://barbara.singspiel.jp/weblog/blog-entry-23.html

現在は水面下で新PCの導入に向けて準備を進めており、導入時期と内容が決定次第発表する予定である。
いよいよ敵宗門脱退から5周年の節目が迫り、新PC導入は脱退5周年記念事業として行われる予定である。
また新PCはWin10なので、PCでプレイできるゲームはPCで行うようになる見込みである。
PCの更新とゲーム機の導入を同時に進行できるほど金持ちではないので。新PCは結構高くなる見通しでもあり。

また、これまでに導入したカードリーダー、USB3.0ボード(内部ポートが必要な為)、BDドライブ、変換マウンタ、セットコネクタ、変換ケーブル等々は新PCに流用する予定としている。
新PCは黒外装、通常サイズのミニタワーのためカードリーダーは付属の黒ベゼルに変更し、USBボードは通常ブラケットに戻して使う予定である。

先ずは脱退5周年を引き戻されることなく迎えられることが先決であり、引き続き油断することなく戦っていくことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です