雑感 2017.2.11

投稿者: | 2017年2月11日
この記事のURL:http://barbara.singspiel.jp/weblog/blog-entry-76.html

ここ数日妨害が酷くペンを取ることができなかった。
いつものアレもあるが、敵一味に取り込まれたと見られる輩による妨害が激しさを増しているのだ。
恐らくは敵一味が書かれたくない疚しいことだらけである故の妨害だろう。
敵一味はキリスト教勢力の手先であることがバレて窮地に陥っているのであろう。
キリスト教的価値観については本館のブログでやるのでお待ち頂きたい。

この中間にアイドルグループのメンバーの女が原因不明で死亡する事件があった。
当該グループではこれまでも病気で倒れる輩が多発しているが、遂に死者である。
「フクシマ」から約6年。いよいよホによる発症が始まったと見て間違いなく、いよいよ残された時間が無くなってきていることは間違いない。
それにしてもよくこれだけエビ中ばかりに集中したもんだが、アイドルというのは男女分断の策謀であり、民衆を誑惑し多くの縁を引き裂いてきた報いが出たというべきだろう。
御用メディアやヒモ付き陰謀論者どもは火消しに躍起になっているようだが、その程度で消せる火ではなく、じきに奴らは大きな代償を払うことになるであろう。

いずれにしても、残された時間は決して長くない。
はっきり謂うと、もう後がないところであり背水の陣だ。
この自覚を強く持って、移住と解放聖戦闘争の勝利に全力を挙げ、引き戻しを永遠に諦めさせる。
アイキャッチは人がトラブルに巻き込まれても見て見ぬ振りの自分がよければいい薄汚い連中である。
こいつらを見てもわかるとおり辺境エリアは敵性民ばかりであり、後ろ髪を引かれる理由など皆目無いのであってこいつらには何も期待してはならないということになる。

このところ敵一味は上階に盤踞する年金受給者を取り込み、敵人として敵対行為を行わせている。
この敵人による妨害は明らかに人が必ず頭に来るポイントを突いており、何らかの手段で指南を受けていることが明らかだ。
更に、年金暮らしの独居には不相応な贅沢な暮らしをしていることもカルトの支援を窺わせるものであり、傍証といえる。
当然に当家としてはこの者を追い出すように業者にも要求しているが、暖簾に腕押し状態であり、業者も取り込まれた可能性が高い。
いずれにしても、この者による一連の妨害行為は追及の矛先を向けさせること、以って敵宗門から矛先を逸らさせること、更に揺さぶりをかけてぶち切れさせ自滅に誘導しようとする意図によって行われている。
しかし、何度も書いているように敵一味の外に不幸やトラブルの原因はあり得ないのであって、敵一味だけが100%且つ一方的に悪いのであるということが分かっている以上そのやり方は通用しないぞと謂っておく。

引き戻しを諦めさせると書いたが、敵一味はもう半分くらい諦めているだろう。
恐らくは敵一味側も引き戻しが出来ないと感じているのではないか。
それで揺さぶりをかけて狂わせ自滅を装って追い込もうとしているということか。
だとすれば、圧倒的な対応を以って臨むまでだ。
意に沿わぬ輩への非常識ともいえるやり口こそ日蓮正宗クオリティーであり、人が必ず頭にくるところを突いて揺さぶりをかけてくるというのは人物破壊策動以外の何物でもない。
ここぞという絶好機を悉く潰してきたのも敵宗門を首魁とする敵一味とこれに連なるヒモ付き陰謀論者&偽被害者どもであり、奴らの外に原因は無い。
いずれにしても、たかが宗教の役職如きで龍神ごときのような若輩の輩に偉そうな態度を取られる筋合いなど微塵もない訳で、斯様の輩に対しては圧倒的な対応を以って臨むのでそのつもりでいろ。

---

敵たる日蓮正宗の狂信者が本性丸出しのツイートをしていた。

この突っ込みどころ満載のツイートであるが、言っていることがあの龍神と微塵も違わないのである。
「堕ちる」などという脅し言葉、批判に対する圧力、救う力も無いくせに無理やりこじつけして引き止めを図るやり口。
これのどこが龍神と変わらないのであろうか。
てめえらで遮断しておきながらそれを隠蔽して罰だ罪障だといって脅して搾取する日蓮正宗クオリティーそのものである。

これは別の狂信者のツイートであるが、このように信者がカネを持ったりチャンスを掴むことを否定するのが宗門だ。
怪僧日有が作り上げた収奪システムを守り、殊更にハタカセて力をつけさせない宗門の独善的体質を雄弁に物語るものである。
いずれにしてもてめえらで潰しておいて詭弁で逃れようとしてもそうは問屋が卸さないから、そのつもりでいろ。

---

ハタカサレないことを念頭に運営している故、記事の種も少なくなるのは当然のことであるが、お陰様でここまでは予定通り推移しており履行率100%は間違いない。
今月に関して謂えば、目先の争いはあるものの総じては順調裡に進んでおり、ハタカサレてもいない。
最低死守ラインは勿論その上のラインもクリアできるだろう。
一家では2018年度までに必ず移住する方針を決定しており、そのためには当家は手段を選ばないからそのつもりで。
引き続き必要を創造する手口や交際類似事犯の企図に警戒してハタカサレることの無いように運営し必ず自分の人生の主導権をこの手に取り戻す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です