雑感 2017.1.30

投稿者: | 2017年1月30日
この記事のURL:http://barbara.singspiel.jp/weblog/blog-entry-75.html

結局今月は敵一味と陰謀論者のタッグによる影響でこれと云った成果を残すことが出来ずに終わってしまった。
この恨みは一生涯かかってでも晴らしてやるからよく覚えておけといっておく。

年末に体調を崩す事象があったが、またしても同様の事象によって予定を捩じ曲げられる事態になっている。
偽インフルエンザ騒動である。
敵一味によって体調を操作され、透析施設で高熱が出る事態にまで発展したものである。
結果二度もインフルエンザ検査を受けさせられる羽目になり、結局陰性だったもののまだ体調が整わない。
この騒動の影響によって予定していた所用を延期せざるを得なくなり、当然に敵一味の謀略によるものであると当家では断定している。
予定の捩じ曲げの次に来るものとして当家では「ありもしない脅威を感じさせることによって余計な行動に駆り立てる」を予想しており、その手には乗せられない。

体調操作の絡んだ大きな事件としては、2005年の就業活動妨害が挙げられる。
この事件では面接当日に体調を操作され、風邪のような症状を演出された結果当該の面接に落ちたものである。
この事件を敵が起こした目的は、(たとえそれが派遣であっても)自らの意図しない就業を潰し、敵側のシナリオどおりに事を進めさせることにあった。
その結果SGの派遣から逃れることが出来ず、後にSG現場に誘導されそこでの軋轢更に延々とそこに詰めさせられたこと等で人生を台無しにされたという経緯がある。
中でも大きいのは父の暗殺に絡んでその死を前にするべきこと(正社員としての就職)を敵がさせなかったことによってその後の就業を難しいものとしてしまったことである。
この事件、またSG現場隷属中に唯一といっていい縁を潰されたことなど、敵一味は自らの意図しない縁、意図しない就業、意図しない移住など意に沿わぬ計画や偶然のものを悉く潰してきたのである。
なお、後年父の死を前にしてするべきことを一切させなかったことは主に宗教的なウソ(信じていれば治る的な)が人的に(遠隔操作でなく)煽り立てられたことによって妨害されたものであり、当家が石之坊を敵視する大きな理由の一つとなっている。

このように敵一味の操作には必ず目的というものがあり全ての操作はその目的に沿って行われてきたのであって、また原因は敵一味の外には一切無いことから、敵一味だけが100%且つ一方的に悪いということが云えるのである。

話を戻すと、今般の体調操作の目的にあったものは以下の通りである。
1 当家の予定を狂わせ、以ってあらぬ脅威を感じさせて行動を狂わせること
2 日蓮正宗系お決まりの、罰・罪障の演出
3 同じくお決まりの、煽りによるハタカセ、及びこれによる自宗の収奪行為の正当化
ここでは主に3について詳しく述べる。
現在、当家ではおおむね10km圏までの所用は銀輪で行うように取り決め、経費の節減及び煽りネタを遮断するように努めている。当然であるが、これは敵の以降に真っ向から逆らうものであり、これを潰しにかかったのが今般の体調操作である。
今回これに引っ掛かったのが、月一で施行している所用なのであるが、これを交通機関で施行すると最低でも400円、駅から10分以上歩くのであるがこれをバスにするとプラス340円余計にかかることになる。敵が今回狙ったのはこれである。つまり無用の負担を増やして蓄財を妨害しようというものであり、移住妨害がその目的だ。
1回で740円であっても、年間にすれば1万円近くなる。これを巷間では塵も積もれば山となると云うのである。
当家は今、将来の出来るだけ早い移住を目指して取り組みを加速しており、余計なことに出す金員は無い。

当家は2015年1月10日を以って日蓮正宗から脱退しており、また2014年9月以降はその収奪に応じていない。
しかしながら通算で収奪された金額は直接だけでも30万円以上に上ると見られ、交通費などを含めると50万円前後、これに謀略でハタカセた金額を含めれば数百万円に上ると見ている。これは隷属させられていた期間だけの数字であり、生涯通算となると金額は大きく跳ね上がる。
特に鉄道趣味を利用したハタカセの被害が大きく、多い時で月に10万という巨額を敵はハタカセていたのである。
その7割が不当なハタカセであると見做せば、極大期の4年間だけで約300万円あまりを不当にハタカサレていたことになる。その中には不要な機材の買い替えやこれに付帯する余計な費用が含まれており、なお且つ価値の無い活動に伴う費用が大半を占めていた訳である。
また、敵一味が予め予定した筋書きに強引にでも合わせるために意図しない縁、意図しない就業、意図しない移住など意に沿わぬ計画や偶然のものを悉く潰してきたことは敵一味・宗創医連合軍の目的が人物破壊であるとする決定的な証左であり日蓮正宗系を潰さなければならない大きな理由なのである。
いずれにしても、敵宗門はこれら収奪やハタカセた金額だけでなく、詐欺的行為に対する巨額の慰謝料を上乗せして私に償いをするべきであるということだ。
無論それに対する期待は薄いから、日蓮正宗系団体は全て消滅に追い込まなければならないということになるし、失わされたものを取り返すことの必然性というものも当然大きいのである。

問題の所用は本日に振り替え施行したが、通常より時間がかかったのみならず敵一味によるトラブルの創出企図が見られ、また敵一味が体調操作を以って不当に応戦しこれに悩まされながらの施行になる有様だったのである。
自分の意図しないもの、自分の意に沿わないものに対する鬼畜ともいえる仕打ちこそ敵宗門がキリスト教的価値観の教団である証左であり、宗創医連合軍が存在する証左であるといえる。

---

1月度経済目標の最終的な履行率は名目上88%となり、劇的な改善率を見た。
しかし、これは今までが惨敗過ぎたものであって敵一味の邪悪な操作による鬼畜とも云えるハタカセの被害が酷かっただけの話であるから、88%でもまだ満足することは許されないだろう。
しかし、計画自体がその敵一味の妨害の影響で無理に目標を引き上げなければならなかったものであること、更に敵一味による苛烈な妨害の数々を考えればよくここまで頑張ったともいえる。
勿論、ここで得られたフィードバックをまた反映して2月度は100%達成可能な現実に即した計画に修正し、以って履行率100%を達成することにしている。
必ずや蓄えと余裕のある、不本意な選択というものをさせられない運営環境を実現して敵一味の奸計を遮断するのが当家の揺るぎ無い目標である。

邪魔したら最後、消されるだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です